ゴールドカード並みの特典が魅力の三井住友プライムゴールドカード

三井住友VISAカードといえばクレジットカードのブランドを考えたとき、誰しもが頭に思い浮かべる有名銘柄ですが、このカードにはいくつものグレードがあってゴールドカードともなると持っているだけで一定のステータスを証明するものになります。しかし三井住友ゴールドカードは年会費だけで1万円ほどかかってしまい、クレジットカードでの支払いも年で数えるほどしかしないというような庶民からすると特典が豪華であっても少し手の届かない代物です。しかし実はゴールドカードの下に、三井住友グループではプライムゴールドカードというものが用意されており、こちらであれば最低年会費1500円程度でゴールドカード級の特典を受けることができます。このカードには申請条件として20歳以上30歳未満という制限がありますが、もし条件に当てはまる方がいたらぜひこのお得なカードを申し込んでみてはいかがでしょうか。

クレジットカードの利便性

クレジットカードはとても便利だと思います。例えば、財布にお金が十分に入っていなかった場合にクレジットカードで支払うことができます。私は先週、洋服を買いに出かけた時に銀行でお金をおろすのを忘れてしまい、いざレジでお支払いをする時に慌ててしまいそうになりましたが、クレジットカードを持っていたおかげでスムーズに支払いをすることができました。もし、クレジットカードを持っていなかったら会計を取りやめて銀行に行かなければなりませんでした。また、クレジットカードでの会計はとても簡単です。暗証番号を機械に打ち込むか、レシートにサインをするだけで会計ができてしまいます。お財布から小銭を探してあたふたしてしまうようなことがないのです。

クレジットカードの年会費

クレジットカードを作ろうとするときに年会費がどれくらいかで会社を選ぶのも一つの方法です。1年に数百円でもずっと支払い続けるので慎重にしっかりと選びたいものです。私が今年に入って作ったクレジットカードは偶然でしたけど、年会費が無料でした。でも以前、作ったクレジットカードは年会費が自動的に通帳から引き落とされていました。ずっと4,5年です。やっぱりちょっと考えてしまいます。なぜならそのクレジットカードはあまり使っていなかったです。付き合いでちょっと作っただけでした。年会費のこともよくわかっていませんでした。クレジットカードの年会費があった方がいいのか、無料がいいのか、サービスの質、内容などでも選びたいです。

ポイント付与を狙った支払い方法

コンビニで振込用紙の支払いをする場合などカード払いに出来ないものの時にもポイントを付ける方法があります。まずクレジットカードとコンビニで使える電子マネーを準備します。クレジットカードで電子マネーにチャージするとその時点でポイントがクレジットカードに付与されます。その後、電子マネーを利用して振込用紙の支払いを行います。場合によってはその電子マネーでの振り込み用紙の支払いにもポイントが付くことがあります。そうすると、チャージした時にはクレジットカードに、支払いをした時には電子マネーにそれぞれポイントが付くためダブルでオトクになります。この方法を利用すればポイントの付かない支払いでもポイントを付けることが出来るのです。ただチャージする時には細かい金額でチャージできませんので注意が必要です。